FC2ブログ

新聞に載らない内緒話

スポーツ「マシン」
              
 日本が、モスクワ五輪をボイコットしたのは1980年(昭55)だった。ソ連(現ロシア)のアフガニスタン侵攻に抗議する形で、国際社会に追随した。
 マラソンの瀬古利彦、柔道の山下泰裕ら有力選手の夢が水泡に帰した。サッカーの、元日本代表監督・岡田武史は早稲田大学を卒業、古河電工サッカー部に籍を置いたころであろうか。
 その岡田が、大学時代の恩師・堀江忠男(サッカー指導者、経済学者)に不満をぶつけた。
 「ボイコットなんておかしいじゃないですか!」
堀江は即座に言い返した。
 「岡田、お前はスポーツマンか? それともスポーツマシンか? スポーツマンならサッカーをやる前に、今、アフガニスタンの人々がソ連の攻撃で苦しんでいることをどう考えるんだ? それを考えないならお前はスポーツマシンだ!」
 以上のくだりは「婦人公論」9月25日号に掲載された。引用させていただいた。
                   ◆
 日大のアメフト問題を皮切りに、スポーツ界が混乱している。ボクシング、レスリング、体操、水泳―いずれもメダルに直結する種目ばかりだ。パワハラがしきりに喧伝され、旧態依然としたスポーツ界の体質が問われている。
 メダルのためならうむを言わせぬ指導方法。それは指導する側、される側だけの暗黙の了解で、世間の常識から乖離(かいり)していることに気が付かない。メダル目当てのスポーツ「マシン」ばかりが増殖して、スポーツ「マン」が育たない。
                   ◆
 2008年(平20)の、北京パラリンピックで車いす男子400メートル、800メートルで2冠に輝いた伊藤智也が、金メダルを獲得した感想を求められた時こう答えている。
 「生きてきた人生の中で五番目にうれしい。子供が四人いるので」
 4人の、我が子誕生が至福で、金メダルは5番目の喜びだと言う。市井の、生活者としての実感であり、おそらく「スポーツマシン」にこの発想はない。
                   ◆
 メダル至上主義ばかりが悪者ではあるまい。顕著になったのは、スポーツ界組織運営の「プロ」不在、そして再生への必須条件は優秀な人材確保に他ならない。根本からの改革が求められている。あの長嶋茂雄も言っているではないか。         
 「ワーストはネクストのマザー」。スポーツ界再生の道は、ある。     (敬称略)

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ
スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

 「ひとりぽっち」の、役得  
              
 外へ出たついでにパンをひとつ、買った。
 近場の公園を探した。ベンチで一息入れたいのである。
 昼時はとっくに過ぎた、午後の日だまりである。陽は射すようで、夏の気配すら感じられ、思わず腕まくりもしたくなる。
 パンの封を切って取り出そうとしたら、足元でうごめくものがある。公園に居着いたハト、一羽がいる。
 せわしくなく、左右に小首を傾げ、クックッと騒がしい。見上げる、小粒な目と視線があった。
 「何用か? 群れから外れたか」と思って気が付いた。彼(彼女)の用事は私ではなく、私の手許にあるパンである。
 小さくちぎって放り投げてから再び気が付いた。餌をもらえると知った仲間が駆け付けて来るはずだ。周辺がにわかに騒がしくなるのが通例であった。
「ハトに餌をあげないで下さい」― 公園入口にあった、立て看板を思いだした。
 気まぐれに投げたパンの欠片(かけら)を、ハトとスズメが奪い合う。体の大きいハトはスズメをはね飛ばし餌にありつく。スズメはスズメでその小体を利して、ハトのクチバシの先端、欠片をかすめ取る。そんな風景に見慣れてきた。
 しかし、この日は違うようだ。
いつまでたっても欠片を待っているのは彼(彼女)ひとり、だれもやってはこない。私が放り投げた欠片は全て、彼(彼女)のものになった。
 「…ひとりぽっちか」
 なるほど。時としてこんな幸運にも巡り会うのであろうか。ならば「ひとりぽっち」も悪くはない。
 パンを大きくちぎって投げてやった。大きすぎたかクチバシに持て余し、むせ返って、ハトはバタついた。
                   ◆
 沈黙の池に亀一つ浮き上る        (尾崎放哉)

 昼時はとっくに過ぎた、午後の日だまりである。薫風に乗った、子供たちの歓声が遠く近く、寄せてくる。

 スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

新聞に載らない内緒話

「眠り猫」と、小津安二郎
              
 築地に「O」というてんぷら屋がある。
 林立する、無秩序なビル群の底へ追いやられたようなそこは木造二階建てで、引き戸の上には少々汚れた、水色ハンケチ大が連なって、どうやらこれが暖簾であるらしい。外壁の、地口行灯のようなそれに店名があり、ここがただの民家ではないことを告げている。
 道沿いの勝手口に小さな三和土(たたき)があり、猫が一匹がいて、ペットハウス脇の座布団の上でいつも丸くなっていた。超越したような風情で、ひたすら眠りこけている。すでに、老いていたのかもしれぬ。
 その眠り猫の居るここは、お座敷天ぷらの名店として知られているそうで、戦後、映画監督・小津安二郎の贔屓(ひいき)であった。原節子主演の「東京物語」、「晩春」、「麦秋」で知られた名監督、と書けば年配の方はご存知かもしれない。
 二、三人用と五、六人用の二部屋しかなく、ゆえに一日二組しか客を取らないとは知人の話である。天ぷらのフルコースの最後は煎茶をかけた茶漬けで、これは小津の発案だそうで、当初は大きめに切った海老のかき揚げに出汁(だし)をかけたが、「呑んだ後でもさっぱり食べられる」との小津の意向でこのスタイルとなった。
 残された小津日記、1935年(昭10)3月19日には、

 春の夜をさらさら茶漬たうべけれ

 との記述が残されている。戦前の日付だから、この店の茶漬けではなさそうだが、そういえば彼の作品に「お茶漬の味」という映画もある。嗜好(しこう)の一品、ということであろう。
 付け加えるのならば、小津にゆかりある女性の旅館がこの店に近く、店前はかつての築地小劇場、その跡地。勤務した松竹本社もすぐ傍にある。さらにガンで入院したのが築地の国立がんセンターで、葬儀は築地本願寺で執り行われている。この地は彼の、人生の筋道にあたるのかもしれない。
 ところで、件(くだん)の「眠り猫」である。
 ある日の通勤途中、のぞいてみると姿が見えぬ。ペットハウスも片付けられていたから、この冬の寒さを逃れ、家の中にでも導かれたのであろうと推察したが、その後、勝手口にすっくと立った姿が確認された。元気でいたか、と安堵したが、その翌日も同じ立ち姿で居る。
 近づいて、まじまじ眺めてみるとそれは石膏の、猫であった。座布団の上に鎮座するその前にはピンクの餌台が用意されていた。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

新聞に載らない内緒話

ふたつの「産声」
             
 JR九州が発行する「旅のライブ情報誌 プリーズ」8月号を送っていただいた。JR九州の新幹線・特急列車車内や各駅で配布されている一冊。この地を旅行された方は、手に取った記憶があるかもしれない。
 メイン記事は「よかとこ くまもと」である。熊本地震から4カ月余り、被災地は復興へ向け、尽力されていることであろう。熊本城を含め、多くの文化財が被害を受けた。
「夏目漱石内坪井旧居跡」も熊本市内にある。市指定史跡で、調べてみると「外壁一部破損、内壁のひび」という状態であった。熊本城の須戸口門から2キロほどの距離にあり、明治29年、第五高等学校の英語教師として赴任した漱石は、4年3ヶ月の在任中6度転居し、この内坪井の旧居は5番目に移り住んだ場所である。
ここで明治32年5月31日、漱石と妻・鏡子との間に待望の第一子が誕生している。女の子であった。名前は筆子。初めて父親となった気分を、こう句に託している。

安々と海鼠(なまこ)の如き子を生めり
 
 海鼠の如き…安産であったのであろう。安堵した心持ちが伝わってくる。妻はこれ以前、流産を経験。情緒不安定な時期もあり、それだけに「産声」を聞いた漱石の思いは格別であったろう。筆子、という名は奇妙? だが、それも理由があった。妻の悪筆から、将来を案じ「字がうまくなるよう」と夫婦で話し合っての命名であった(もっとも、筆子もまた悪筆であったようだが)。
                 ◆
 一方、熊本といえば、日本で初めての近代戦「西南戦争」を思い出す。
激戦地・田原坂(熊本県植木町)はあまりに有名だが、その折、多数の負傷者を救うための「博愛社」が設立されている。「敵味方の区別なく救護する」、その思想は曲折を経て認められ、後の「日本赤十字社」となり発展してゆく。
つまりその長い歴史は、ここ熊本で「産声」をあげたことになる。
                ◆
熊本地震で被災した南阿蘇鉄道が7月31日、3カ月半ぶりに高森駅(熊本県高森町)と中松駅(同県南阿蘇村)を結ぶ約7キロの区間で運転を再開した。トロッコ列車に乗った観光客の姿がニュースで伝えられる。全線復旧にはまだ時間はかかりそうだが、遅々たるとはいえ、確実に熊本は再生する、その日を待ち続けたい。 

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

 

新聞に載らない内緒話

200円の、ケーキ
              
 ひょんなことから、スイーツ連載「甘党男子」(毎月第3土曜日=家庭配達版掲載)を抱えることになった。4月から1年間の予定である。
 ヒキノトオル氏という、年間1000種のスイーツを食べる猛者(もさ)と偶然知り合い、この〝業界〟の最新情報を提供したら、読者の皆さんに喜んでいただけるのではと紙面企画に提案したら、あっさり採用されてしまった。
 根っからの飲み助で、物心ついた頃から? 酒ばかりたしなんできた。俗に「左党」と呼ばれる人種だが、甘いモノに縁がないわけでもない。疲れたときには欲しくなるし、あんぱんなら銀座・木村屋總本店、向島長命寺の桜餅、日本橋うさぎやのどら焼きなど、それこそ目を細めていただくことになる。
 というわけで、ヒキノ氏に連れられ、都内のスイーツ名店を巡り歩くこととなった。詳細は紙面で読んでいただきたいのだが、なるほど究極のそれらは甘露、芳醇、滋味、珍味―パティシエの技を舌で確認することになった。
もっとも某一流ホテルの、1ピース(個)3000円のイチゴ・ショートケーキを見たときには絶句した。その素材、手間を考えれば相応なのであろうが、それにしても、である。
 わが家の近くに「M」という古びた、小さなケーキ屋がある。住宅街の一角、佇んでいる。惣菜パンなども手掛ける、どこにでもある店で、腰の曲がった老夫婦が住居兼店舗兼仕事場を構え、細々と商いを続けている。
 そこの、イチゴ・ショートケーキは1ピース200円である。
 5月8日は、「母の日」であった。
 偶然、その店の前を通ったこともあり、家人にケーキを買う気になった。200円のケーキは飛ぶように売れたようである。私がショーケース前に立った時、残りはわずか4個であった。
 「商売繁盛ですね」と声をかけたら、「小さなお子さんたちが100玉を握り締め、何人も買いに来てくれました。こんなケーキでも、もらったお母さんはさぞうれしいことでしょう」と、女主人が小さく笑った。
 ケーキはもちろん化粧箱ではなく、紙袋の底を広げて2個、そっと入れてくれた。
「崩れないよう、注意して持ち帰ってください。すぐに食べないようでしたら、冷蔵庫へ…御願いしますね」
6月19日は、「父の日」である。
小さなケーキ屋は再び、子供たちで賑わうのだろうか。
◆甘党男子 http://www.ama-dan.com/

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Facebook

最新の記事

プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ

カウンタ2

現在の閲覧者数:

ブログ検索

ブロとも申請フォーム

Copyright © 加藤 利教