カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

美しく負ける
               
 死球を受ければ誰だって怒る。ただし、当てられた選手が「当たっていない」と怒ったとしたら珍しい。
 事は1975年10月20日、阪神対中日戦で起きた。首位打者に9毛差、タイトルを狙う中日・井上弘昭はシーズン最終戦、最終打席できわどい内角球にのけぞった。主審の判定は死球。冗談ではない。この打席でもし、ヒットを打てば首位打者だ。たとえそのボールがユニホームの一部をかすったとしても一縷の望み、最後の一振りにかける執念はこれを認めない。「当たっていない」と抗議したが認められず、打率3割1分8厘で井上のシーズンは終わった。この時1厘差で首位打者になったのが、広島の4番打者・山本浩二である。広島の創設26年目、初優勝を飾った年だった。
当時、私はまだ大学2年生。こんないきさつがあったことは、この商売を始めてから小社の資料室で知った。
 「勝負に負けた気持ちは辛いだろう」。
 そういったのは敗者の井上ではなく、勝者の山本だった。そして、広島弁でこうも言った。
「心が痛むのう」。
勝手な感慨だが、少々、やさし過ぎないか。敗者を思いやるのは。
その広島・山本監督がチーム不振の責任を取って辞任した。なにしろ8年連続のBクラス、広島は昔の「広島」に戻ってしまった感がある。もちろん、采配に問題があったのかもしれないが、それにしても球団フロント陣の現場に対する非協力ぶり(ではないだろうが、傍目にはそう映る)は目に余った。主力選手をFAで次々と外へ出す。阪神の金本がいい例だ。補強は外国人選手ばかり。それでも巨人ほどの節穴ではなく、阪神に移ったシーツに見られるように、安くて優秀な選手を獲得するのは広島の伝統でもある。だが勝てなければ客も球場には来ない。だから儲からない。だから選手年俸が下がる。そして選手が流出する。だから勝てない。この負のサイクルが今の広島である。
「ずっとしんどかった」は山本監督の辞任表明時の言葉である。「悔しいが言い訳の出来ない成績で、ファンの思いもわかっている。監督が代わればチームの雰囲気も変わる」。生え抜きで、球団経営の内情も知っているのだろう。だから多くを語ろうとはしなかった。首位打者の一件といい、辞任の言葉といい、山本浩二には何か「敗れることへの思い」が漂う。
話題を変える。俳優の児玉清が雑誌「銀座百点」10月号(銀座百点会発行)の座談会でこんな事を話している。大部屋からのたたき上げで、最近は「大豆ノススメ」のCMで存在感を示している。
「考えてみると、ぼく、もう全部負けるために生きてきたようなものでね、称賛されても納得できないし、絶えずウジウジしたものしか心に残らない。せめて美しく負けていれば、どこかで一度くらいは、美しく勝てるときがくるんじゃないかと」。
座談会のタイトルは「“美しく負ける”人生」とある。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は当ASAもしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356



スポンサーサイト

子供と山登り

 この前の日曜日に子供と山登りに行きました(行かされました?)。
普段運動していないので、かなり足にきました。
コースは、三郡山~宝満山~かまど神社にぬけるルートで、だいたい小学生上学年の遠足などで使われるみたいです。
そのコースを保育園の遠足で、3歳(2号)と5歳(1号)の娘と登りました。

 うちの娘たちが通う保育園は朝からパンツ1枚で乾布摩擦&マラソンを雨の日以外は雪が降ろうがやってまして、子供たちは元気いっぱいです。

1号は3歳の時から登っているのですが、そのときの下りはずっと泣きっぱなしだった娘に(手をつなぐと先生に怒られる)、あっという間においていかれてしまいました。結局最後まで追いつけませんでしたが・・・。いや~、娘の成長を感じましたね。

 結局2号のペースで登ったのですが、これがまた逆に遅過ぎてきつい!自分のペースで登れない山登りもかなりきつかった。1号の経験から2号も泣くだろうと思っていたのに、下りは歌を歌いながら下りてましたね。いや~、2号は強い。さすが先生に保育園で1番悪いと言わしめただけはありますね(笑)。

 僕は昨日まで足が痛くて変な歩き方になっていましたが、子供たちは次の日でも何事もなかったように走り回っていました。すごすぎるぞ!お前たちって感じでしたが・・・。

何度もいうようですが、小学生上学年の遠足に使われるルートなので、2号が登っているとすれ違う登山者さんはびっくりされてました。

でも2歳の子も何人か登っていたので、同じ保育園でもその子たちには脱帽です。そんな小さな子でも、手をつなぐと先生に怒られます。

 




新聞に載らない内緒話

ハムスターの死

新聞に載らない内緒話


 9月18日、中秋。東京のある下町で地元神社の宵宮があり、荒川土手脇を神輿(みこし)が渡御した。上方に高速道路がまっすぐ伸び、その長い橋桁の間に黄色い、大きな月が上がった。川風は秋の気配をふんだんにはらんで、神輿は、まさに沈もうとするこの日最後の強い太陽光線と、担ぎ棒に取り付けたいくつかの小さなスポットライトを浴び、金色(こんじき)に浮かび上がった。「ワッショイ」に混じって「中秋の名月かね。いい月だ」の声が漏れてくる。

  「月に向かって打て」はすでに故人となったが、東映、ヤクルトで本塁打を量産した野球殿堂者・大杉勝男のキャッチフレーズだった。キャンプでの夜間練習。担当コーチが頭上に輝く月を見て、そうアドバイスしたという。この話には尾ひれがあり、小説「金色夜叉(こんじきやしゃ)」にちなんで「今月今夜の月を狙ってみろ」としゃれたという。

  月を眺めながら、人はいろいろなことを考える。

西洋では月は何か魔力を秘めたものと解釈されるが、日本では「月の兎が餅をついている」(ちなみに中国の兎は薬草をついている)し、おとぎ話の「かぐや姫」は古人たちの月への神秘をうかがわせてくれる。童謡「月の砂漠」はロマンチックな王子様とお姫様の道行き(ちょっともの悲しいけれど)、「二つならんで ゆきました」とある。

 そんなことをぼんやり考えたのは、この18日に一匹のハムスターが死んだことを知ったから。関心のある方はご存じかもしれないが、千葉県立行徳高校自然科学部が「地震前兆電波観測」ページをサイト上に展開している。電波ノイズの連続観測で、地震発生と電波の相関関係を調査しているもので、なかなか興味深い。その中に「チョコタン」というハムスターがおり、毎日回し車を回転させ、その回数と地震との関連性(宏観前兆現象。よく地震の前に動物が異常行動を起こすといわれる)をデータで提供してきた。15日までの記述が「療養中」、16,17日は「かなり衰弱」、17日の回し車回転数は「2」だった。

 サイト上に「ちきうの気持ち」という顧問先生のブログがあり、19日付でチョコタンの死を伝えている。その中で「昨夜は中秋の名月、きれいでした。 そんな夜を選んだのか、チョコタンは旅立って逝きました」と語り、「生あるものはやがて死を迎える。だからこそ 生をさずかったものは自分を輝かせて生きなくちゃいけない…小さな動物の死ではありますが、今、そんなことを感じています」と締めくくった。

 月を眺めながら、人はいろいろなことを考える。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は当ASAもしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。