カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

稲尾和久さんのこと

西鉄ライオンズの稲尾和久さんが亡くなった。11月13日、享年70。病名、悪性腫瘍。
 早朝、ベッドの中で、ふとスイッチを入れたラジオのニュースで訃報を知った。
 稲尾さんと最後に会ったのは2年前、季節は晩秋であったか、初冬であったか。
福岡は小倉。フグ料理を食べに行った。もちろん他の人間も多数おり、直接的な面識の薄い私は、その他大勢といった形で、その豪快な話っぷり、食べっぷりにおつき合いしただけである。
 以下の話は関係者からの伝聞として書く。記憶違いだったらご容赦ねがいたい。
 稲尾さんがロッテの監督を引き受けたのは1984年(昭59)だった。弱小球団をあえて選んだのは、九州にプロ球団を誘致するという深慮遠謀ゆえであった。それはともかく、当時のロッテはいかにも弱く、不人気であった。だから鹿児島で、春季キャンプを張ってもファンの関心は薄く、新聞もその練習ぶりを大きく報道することもなかった。巨人一辺倒の時代である。
 ある時、稲尾監督は数少ない担当記者を集めて、こう言った。「あした、とんでもない練習を行う。期待しておいてくれ」。
翌日、グラウンドを訪ねると内野部分に、なんと波形トタンが敷き詰められている。おり悪く大粒の雨まで落ちてきて、とても練習というムードではない。
 「さぁ、やるぞ」と稲尾監督が持ち出したのは、ノックバットで、ナインがトタンの上に散らばり守備練習が始まった。打球は左右に散らばり、選手はボールを追う騒ぎではない。あっけにとられる担当記者を前に、たった数分でこの練習は終わった。
「どうだ、イレギュラーする打球を克服する練習だ」。
 そしてこうも言った。
 「これで原稿ができたろう」。
 悪天候は鹿児島だけではなく、キャンプを張る宮崎、沖縄も同様だった。各球団が早々に練習を終え、担当記者が原稿を書くにはどこもネタ不足だったが、ロッテの記事だけは久しぶりに大きな扱いを受けた。選手にやり投げをさせたり、トリッキーな練習も目についたが、それも「ファンに関心をもってもらわにゃ」というサービス精神の賜だった。
 その稲尾さんが亡くなった。
 「海の住人、海から出て海に帰る。山の住人、山から出て山に帰る」と言った。
そして「神様、稲尾様」は「仏様」になった。
鉄腕は、彼岸へ帰っていった。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ
スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

不器用な距離

「不器用で口下手な東北気質」-。
 辞任表明から一転続投。民主党小沢代表が釈明会見で口にした「東北気質」が印象に残った。一時の感情で辞任を口にしたことを自嘲気味に「いかにも不器用」と繰り返した。
東北人が聞いたら、どんな感想を口にするのだろう。「不器用で口下手」なのは小沢代表個人の、資質の問題で、まさか全ての東北人に当てはまるものではあるまいし、「不器用で口下手」は何も東北に限ったものでもない。
 作家の司馬遼太郎氏はその作品のなかで「東北」をこう記している。
「なんといっても、東北は偉大なのである。たとえば江戸・明治期以降、政治・軍事・科学・人文科学・芸術の面で巨人を輩出してきたが、そういう頭脳の輩出地においてなお距離論という単純なことから、自己の哀歓をきめねばならないのだろう」。(中略)
 「東北は単独ですでに偉大なのである。
東京への交通機関的な距離で自己の価値をきめねばならないような土地ではない」。
                    (「街道を行く-奥州白川・会津のみち」)
 文中の「距離」とは都、つまり首都から遠く隔たったこの地ゆえの気後れが「哀歓」を
呼ぶという意味である。もちろん司馬氏はそれを否定している。
 ただ、もしその「距離」にこだわるならば、小沢代表の今回の失態はあまりにも身近に
なった政権への「距離」にかられたお粗末な行動と言わなければならない。参院選に大勝
し、与党に十分な影響力を持ちえた今、次に目指すのは政権奪取に他ならないのだが、そ
のアプローチの仕方がいかにも「不器用」で、とんだ騒動となった。
 目の前に飴をぶら下げられて思わず飛びついた。そんな感じである。今回の辞任劇には
「ある人」とか「代理人」が暗躍したようだが、仕掛けた相手にしてみれば「あの男なら
党を割っても食らいついてくる」と判断したから声を掛けてきたのだろう。「距離」を計っ
ていた。
 アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
 郷土岩手を愛した詩人、宮沢賢治はこう言っている。
暗示的、ではある。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。