カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

川崎の視野の広さにビックリ

意外と? 器用な足さばきに驚いた。1月9日、ソフトバンク川崎、井手、本多、福田の合同自主トレの取材で鹿児島県姶良町へ。午前のウオーミングアップでサッカーをしていて、川崎のボールの持ち方がうまいのだ。イチローとの年末の合同練習では1人でドリブルする姿を拝見していたが、この日はミニゲーム形式。敵味方がどこにいるかうまくヘッドアップ(顔を上げる)しながら、足元でキープしていた。パスを出す時、スペースで受ける時と、非常に落ち着いてボールを扱っていた。
 一昨年前までサッカー担当だったが、川崎は非常に視野が広い選手だと思う。体のバランス感覚もよく、左右に切り返した後も体勢を崩さない。昨シーズン、ショートの守備位置を前年より1メートル後方に下げていた。「森脇さん(内野守備走塁コーチ)に後ろにしようと言われた。打球が見やすいからね。でも前に行くのが遅れると相手をセーフにさせちゃう。ただそういう位置で守れる自信はあったし、いろんな打球に追いつけた」。これは視角の広さを物語るコメントの1つだろう。今季はさらに守備位置を広げ、かつ安定したプレーを目指している。別の競技から川崎の高い能力を感じる日だった。
 練習の最後は担当記者を交えたリフティング対決で盛り上がったが、ヘディングに失敗した記者は顔面でボールをとらえ、鼻頭の痛さと視野の狭さを覚えた。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。