カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

呑みすぎ注意

先日、恩師の墓参りに行ってきた。今年は20回の節目になった。
大学時代の同期生、OBなど、先生にお世話になった人間が遠くは九州、四国、北海道から集まってくる。駅前で花を買い、バスで霊園へ向かう。1年に一度の恒例で、雑草の茂った墓地の掃除をする。終わればその周りで酒盛りということになる。大酒呑みだった先生は、ビールを氷で割って呑むのが好きだった。ビールの水割りを供え、買ってきた焼き鳥をつつく。   
先生はある健康上の理由で早々に亡くなられたが、歌人の奥さまはお元気である。足が悪いので墓参りがままならない分、息子さんが代参してくれる。息子さんは日本屈指の、著名な写真家で、我々に交じって酒を酌み交わす。かつての教え子たちの昔話を聞きながら、家では知り得ない父親の実像に触れることとなる。
「おっかない親父だったけど、そんな一面もあったんですか」と目を輝かせる。
実際、面白い先生だった。元新聞記者で、がらっぱちで、人情もろかった。会社の組織が嫌いで、昇進を蹴って大学に来た。
私はこの先生から酒の呑み方を教えてもらった。銀座の、伝統ある店(ただし高級店ではない。値段も安かった)をいくつも紹介してくれた。「社会に出たらこういう店で飲みなさい。付き合っている店の善し悪しで人間が推し量れるものなんだ」と教えてくれた。それらの店は今でもある。ただし、当時の店主は物故、引退で、2代目、3代目が切り盛りしている。
今の会社への入社が決まったとき、神楽坂の料亭で芸者をあげてくれた。三味線を入れてどんちゃん騒ぎをした記憶がある。「こういう場所も一度知っておけば、いざというときに恥をかくことがない」と自腹を切ってくれた。
誰もがそんな、先生の恩恵に浴したようで、思い出話が尽きない。
振り向けばかつての紅顔の美少年、美少女たち? もすでに50半ばになった。皆、酒もすっかり弱くなって、話題は出来の悪い息子らの愚痴と、健康問題である。
「先生も早すぎた。それにしてもあの頑健な先生が病気とはいえ、あっさりと…」とぼやき始めたころ、陽は西に傾き、宴はおつもりとなる。
「じゃあ、ぼちぼち」の声がかかると、誰もがポケット、バッグをまさぐり始めた。次々と錠剤を取り出し、口に放りこむ。「おっ、その薬、高血圧か?」「潰瘍だよ」「これ効くんだよ」「どこで手に入れた?」とひとしきり薬談義に花が咲く。
「先生、呑みすぎるなって言ってたぞ」。
「それって酒のことか? 薬のことか」。
一同の長嘆息に、草葉の陰の先生は笑っておられることだろう。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

嫌いなネクタイ 
             
高校を卒業して、すぐに就職した。学業不振と素行不良で、大学進学を諦めたこともあったが、早く一人前になりたくて、手に職を付けたかったのである。ある会社の営業担当になり、小さいながらも明るい、活発な職場で気に入っていたのだが、半年も勤めると辞めてしまった。
そんな理由で? と人は笑ったが、実はネクタイが嫌いだったのである。首回りを締め付ける、あのネクタイが生理的に合わなかった。
以後、いろいろあって大学に入学、卒業後に今の会社に入社することになった。幸い、ネクタイ不要(でもないが、特に強要されることもなく)の職場で、今日に至っている。
先日、ある年配の方と一杯やった。きちんと背広に身を固めた紳士である。席に着くなり「ネクタイ、外してもいいかな」と聞かれた。了解すると、スルスルと解き「あー、生き返った」と笑って、ビールをイッキ飲みした。
「まったく、こんなものを何で巻かなくっちゃいかんのかね」と言うから、こちらも昔を思い出して「まったく」と相づちを打った。
やはりネクタイが苦手だったという。ただ、係長に昇進したときに、その時の工場長に飲んだ席で「君はもう管理職なんだから」とくぎを刺された。そして工場長は自分のネクタイをその場で解いて、「これあげるよ。明日から着けてくるんだ」と言った。
「それ以来、ネクタイを手放せなくなってね。義務みたいなもんで、定年、定年延長、年金生活とずーっとネクタイを締めているんだよ。もちろんサラリーマン時代は順調に昇進して会社の幹部にもなれた。ネクタイのお陰とは思えんけどね。ただ、あの時のネクタイはとってあるよ」。
「でも、きっかけを作ってくれた、良い工場長ですね」と言ったら、「それが、しばらくしたら失脚して、どこかの工場へ異動させられた。その後、どうなったかとんとうわさを聞かなくなってね。良い人だったんだが」とつぶやいた。
まぁ、それだけの話で、いつしか話題は別のものに移っていった。
もうすぐ暑い夏がやってくる。最近は省エネと言うこともあって、ノーネクタイが当たり前になった。白の、開襟シャツに袖を通すとき、いつも自分の若かりし時を思い出す。   早く大人になりたかったが、その一方で幼心を抱えたままの、妙な感情の入り交じった抵抗感がネクタイを拒否させたのだろうか。今もってよく分からない。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

 暑さが日ごとに加わって参ります、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 今年も高校野球の季節がやってきました。筑豊緑地球場で何試合か観戦しましたが、”負ければここで終わり”緊張感、必死さは独特なものを感じます。
勝てば笑顔、負ければ涙。球児たちの日焼けした真っ黒な顔が印象的でした。

「夏という名の宝物」今年のキャッチフレーズです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。