カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

古橋広之進さん死去

「フジヤマのトビウオ」古橋広之進さんが亡くなった。8月2日、滞在先の、ローマでの客死であった。
実は2004年(平16)9月の、このコラムで私はこんな原稿を書いている。一部抜粋してみたい―。
                          ◆
その昔、古橋広之進さんにインタビューする機会を得た。終戦直後、「フジヤマのトビウオ」のニックネームで数々の世界記録を樹立した、その人である。水泳パンツの下にふんどしを締め、泳いで泳いで泳ぎまくった。その結果「頭の先が流線形になった。水をかき分けるように、魚の頭のように尖って、手も、指の付け根に水かきのような膜が出来た」。嘘のような話しだが本当である。
 8月22日付(注=当時)の産経新聞にこんな記事が掲載されている。「不徳な、つたない私をお許し下さい 敗退の古橋広之進選手」の見出しに目を引かれ読み始めた。1952年(昭27)のヘルシンキ五輪四百メートル自由形で8位に終わった古橋さんが、現地から日本へ向け一通の手紙を投函した。敗退を嘆く文面が続く。
 「悲しみに泣かざるを得ません。それにも増して一番つらいのは皆様のご期待の何物にもそい得なかった事です。どうぞ宿命と思ってこの不徳なつたない私をお許し下さい」
 「今後は立派な人間として頑張るのみです。西高(古橋さんの母校=旧制浜松第二中学校)からも立派な選手の出現を待ち、この仇(かたき)をとってください」
 武器のない戦争、とは五輪の事だが、この文章を読んでいるといかに当時の選手達が国の名誉を背負って戦っていたか、ひしひしと感じさせられる。64年の東京五輪で銅メダル、しかし自ら命を絶った円谷幸吉さんといい、その重圧は計り知れないものがある。
 ―ところで、流線形になった頭はその後、どうなりましたか?
 古橋さんにお尋ねした。
 「人生の荒波をくぐっているうちに、いつの間にか頭は丸くなってしまいました。歳をとりましたからね。考え方も丸くなりました」―。
                         ◆
このインタビューは日刊スポーツに入社してからのものではない。学生時代、大学新聞に携わっていたときにお願いして取材させていただいた。1975年(昭50)前後の話である。  
もっとも、今回の訃報を伝える日刊スポーツを読むと、古橋さんは少しも「丸くはなって」いなかったようである。「選手はテレビなんかに出ちゃイカン」「チャラチャラした格好で、勝てるわけがない」と頑固親父そのものであったようで、「丸くなった―」とは当時の方便であったようだ。
武骨な、大きな顔を思い出す。冥福を祈りたい。


スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ


スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

「島立ち」
              
 旨い酒を飲んだ。「島立ち」という名の焼酎で、甑島(こしきじま)の産である。
 味はもちろんだが、その酒にまつわるエピソードにしたたか酔わせてもらった。
 その一升瓶の、裏側に貼ってあったラベル、能書きを引き写してみたい。
 「里中学校三年生が育てたサツマイモを使用。遥か南方からの黒潮に美しく洗われる甑島は、鹿児島県薩摩半島から40キロの東シナ海に位置します。その玄関口里町の里中学校では、三年生になると恒例のサツマイモの植え付け行います」。
「江戸以来の武家屋敷群に初夏の訪れを告げる鹿の子百合が咲くころ、グングン伸びはじめるサツマイモの蔓。イモをおいしくするのは子供たちの丹精と島の気候風土。炎天下の草取りで汗した手に、やがてずっしりとゆたかな実りの秋を迎えます。卒業後、甑島には高校がないため三年生たちは島を離れ進学します。それを甑島では『島立ち』と呼び、子どもたちを送り出します」。
 「巣立つ子どもたちの思い出を封じ込めたサツマイモを使用して、手塩にかけた焼酎…。
薫り立つ一杯には、ふるさとへの思いが息づいています」。
鹿児島県薩摩川内市に属する甑島は3つの島からなっており、人口は3島で約6000人強といったところである。少子化で小中学校はご多分に漏れず、統合の流れの中にある。
毎年3月の植え付けをし、秋に収穫、地元の酒蔵が醸造して卒業式のころに仕上がる。ラベルにはそのサツマイモに携わった中学生の名前が列挙されている。その数、わずか10人。収穫量によりけりだが、昨年は800本の焼酎が出来上がった。中学生だからもちろん、呑むわけにはゆかない。家族など、関係者などに配られ、保存される。市販はほとんどされない。
毎年1月3日、正月に島では成人式が執り行われる。「島立ち」した子どもたちはそんなときしか島には集結しないのであろう。その時に、満を持して封が切られる。この酒で成人を祝うのである。「島立ち」から5年、少年から大人へ、彼らはどんな人生を送ったろう。大学進学、就職、さまざまな節目を乗り越えて口にする「島立ち」、その味は甘いか、苦いか、しょっぱいか、よそ者の想像を超える。
「勧君更盡一杯酒」。
一升瓶を封印する、その紙帯にはこんな詩が添えられている。中国の詩人、王維が友を送るときに作った。「酒はもう十分だと言うかもしれないが、最後にもう一杯だけ飲みたまえ、友よ」。帯にはないが、付け加えるなら詩はこう続く。
「天地新生気愈盛」。
天地新たにして生気愈(いよいよ)盛んならんことを―島の酒はホロリ、人の心を醸してくれる。この夏の、灼熱に一陣の涼風、であった。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。