カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

この冬の、オーバー               

寒い日が続く。今年は例年になく寒い、そんな気がしている。
 恰好をつけるわけではないが、この季節、いつも厚手の上着にマフラーだけで過ごしてきた。首回りさえ暖めれば、たいがいの寒さはしのげるはずである。痩せ我慢も半分だが、あのオーバーやコートの、一皮かむったような感触、重量が気に入らぬ。
 マフラーだけは8種類ほどあり、その日の気分で取り換え楽しんできた。これが私の冬だった。
 今年は厚手のオーバーを着て出勤している。
 ブランドものの、高価なそれで、なるほど着込んでみるとマフラーとは比べものにならぬほど暖かい。厚手だが、生地もしっとりして、襟を立てて気取ってみると馬子にも衣装か、ずいぶん高級な大人になったようで、不思議である。何よりも重量を感じさせぬ。高級品とはこういうものであろうか。
 もちろん、買ったものではない。昨年暮れ、ある方から電話を頂戴した。
 「主人が亡くなって、この土地を引き払うことにしました。夫の、形見分けをしたいので、お訪ね願いたい」
 と、いうことだった。
 親交のあったKさんは、私にとって兄貴分といった存在で、俠気の人で、斗酒なお辞さず(つまり大酒飲みで)の人で、豪放磊落(らいらく)で、〝江戸の人〟であった。
いつもりゅうとした身なりで、品の良いネクタイを締め、ワイシャツの下には、浮世絵然とした、水滸伝の彫りものが覗いた。その筋の関係者ではなく、江戸文化を継承する、傀儡(くぐつ)師(伝道者)といった風情で、東京の三大祭りではちっとは知られた存在だった。
 以前、彫物師の原稿(本)を書いたとき、関係者を紹介してくれた。その計らいがあったからこそ常人では踏み込めぬ世界を描くことができた。そして、Kさんは一昨年、がんで亡くなった。だから訃報を聞いた時、私は自著を持って、棺に入れてもらった。
 下町の、引っ越し準備も終えた小さなマンションの一室で、着物一式を頂戴した。あつらえた日本橋の老舗呉服屋の商標が眩しかった。体に当てるとぴたりと寸法が合った。
 「ならば、これも」と、引き出してきたのがくだんのオーバーであった。
 三面鏡の前に立たされ、そっと袖を通してみせると、夫人は
「まぁ、あの人が生き返ったみたい」
と、泣いた。
だから、この冬はオーバーを着ている。
何かに守られているような気がしている。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

遠い正月
               
正月を迎えるとあって、障子の張り替えを思いついた。実は前年も障子紙を買ってきて試みたのだが、生来の不器用で、1年も経たないうちにはがれ始めた。猫が引っかいた跡もあり、重い腰を上げざるを得なくなったのである。
 その昔、古くなった障子紙を破くのは、年末の、子供の仕事で、姉(亡くなってしまったが)と人さし指で穴をあけては笑いあった。母親は姉さんかぶりで糊を溶いて、父親は刷毛を洗っていた。遠い思い出で、いつの間にか皆いなくなってしまった。年を取ったわけである。
 障子の桟(さん)を洗い流す。
 年末、宮城県東松島へ行ってきた。3・11以来、5回目になる。15年ほど前、仙台支社へ単身赴任をしていた。地元の人達に可愛がってもらい、楽しい3年間だった。その時の知人が1人、今回の震災で亡くなっている。ボランティアなど、仕事に追われていたこともあって経験したこともなかったが、今回ばかりは追善の意味も込めて現地に通っている。定年間近で、時間にも余裕ができたのである。
 東北、とりわけ仙台の冬は経験済みだが、出かけて寒風にさらされてみると思いのほか寒い。津波がすべてを押し流し、地盤沈下で農地は未だ海水に洗われている。索漠とした光景、淡い光は重ね着した防寒着、ウインドブレーカーを暖めるはずもなく、グイと襟を立ててみた。
 ふと出向いた民家で、寒風の中、老女が障子の桟を洗い流していた。
 「もうすぐ正月ですね」
 と、声を掛けたら
 「そうだね。でも、桟にこびり付いたヘドロを落とさないと障子も張れませんよ」
 と、老女は笑った。
 迂闊(うかつ)であった。ここでは、すべてがヘドロをかぶった。独特の臭いを落とさなければ、障子は家の中に持ち込むことができないのである。
 都会人の、安直な言葉が打ちのめされた格好である。
 「水たわし ヘドロ絡んで 障子替え」
 ふと浮かんだ拙句、である。
 真っ白い障子に、冬の、明るい日差しが差し込む。
そんな風景を取り戻せるのはいつだろう。
新しい年が始まる―。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。