カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

「七味五楽三会」
              
「一富士二鷹三茄子(なすび)」とは、縁起の良い初夢のこと。
 富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を「成す」。徳川家康が好んだ富士山、鷹狩り、初物の茄子。他にも、江戸時代の富士講に由るとの説もある。
 先日、この「一富士二鷹三茄子」を一度に味わってやろうと静岡市を訪ねた。頂戴したお弁当を開いたら、その片隅に煮付けた「茄子」が田楽風に鎮座していた(ついでに由比港に立ち寄り桜エビの沖漬け、かき揚げも賞味した。絶品である)。
 久能山東照宮の唐門をくぐったら「二羽の鷹」を発見した。
 あとは「一富士」だけである。世界文化遺産を構成する資産のひとつ、三保の松原へと赴いた。前日までの不順な天候も、この日は雲ひとつ無い、文字通りの日本晴れ。
海岸縁で、強烈な北風にあおられ、コートの襟はハタハタ鳴ったが、その見晴らしは絶景であった。紺碧の空、霊峰頂きにかかる雪、すそをあしらう万緑の松林。
三色一体。「まるで銭湯のペンキ絵。絵葉書そのものだね」と毒づいたら「地元のわたしらでもこんな富士山を見るのは今年初めて。ぜいたくをいうもんじゃない」とたしなめられた。
初春の吉兆である。「ありがたや」と手を合わせた。
「一富士二鷹三茄子」、その言葉のリズムの良さで人口に膾炙(かいしゃ)したのだろうが、そう言えばその昔、江戸の庶民は「七味五楽三会」と唱えたものだと江戸研究家の杉浦日向子さん(早世してしまったが)が話していた。略して「七五三」―。
「七味」とは、味を楽しむという意。昨今の、これ見よがしの高価なグルメではあるまい。旬の、フッと出合った小さな味、生活の味が1年に7回も舌上のぼれば本望、だそうだ。
「五楽」は「あぁ、今日は良い1日だった」という感慨。楽しい想い出が5回もあったらめっけもの、手のひらに乗るような幸せで十分だ。
「三会」はせめて3人の、〝友〟と巡り会いたい。親友などと大仰な事は言うまい。かすり傷のよう縁(えにし)でも、気持ちの良い人と話がしたいのである。
大晦日の夜に1年をふり返り、その年が「七味五楽三会」であったなら、「こんな目出てぇ年はないねぇ」と江戸の人は喜んだという。 
ふり返れば、良くも悪くも諦念(ていねん)の似合う年回りとなった。すべて山っ気も、娑婆っ気も抜けたようである。色落ちがあったり切りっぱなしであったとしても、使い古しの、木綿の手拭いのようなしんなりと、肌になじんだ1年を送りたい。
「七五三」―。
脈拍数を落として生きよという、江戸からの伝言であろう。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ



スポンサーサイト

新聞に載らない内緒話

正月の、マグロ
              
 JRの、特急「しおさい」に乗って千葉県銚子を訪ねた。
 マグロに、会いに行った。
早朝、銚子港の第1卸売場で入札風景を見学する。マグロ類漁獲量といえば静岡県、高知県、宮崎県あたりが常連と記憶する。オヤッと思ったのは、銚子といえばサバ、マイワシ、サンマのはずだがと怪しんだからである。
 東日本大震災で被災したここは今年4月6日、衛生対策や鮮度保持のため最新の設備を導入した「高度衛生管理型施設」として生まれ変わり「銚子復興の印」となった。長方形の、プレストレストコンクリート造り2階建て、延べ床面積は7366平方㍍。解体費用を含む総事業費は約23億円と関係者は胸を張った。
 これを機会にマグロ水揚げ時の見学が可能となり、「ならば」と腰を挙げた訳である。
 2階の見学通路に立ち、見おろす。プーンと立ち上がる香り、アルミ製の簀の子にならべられたマグロたちの眼は瞠目するようで丸く大きく、口を45度に開け、ゴロリ品定めを待っている。
 銚子港を出て真東に2、3昼夜。陸から1000キロほど彼方で捕獲された近海ものは刺股(さすまた)のように開いた尾を切り落とされ、買人がその断面をのぞき込む。キロあたり3000円から1万円で取引される、その身を「重量40キロ以上のモノは尾身の切り口で質を問い、それ以下は尾びれ付近をめくって判断する」。
入札を終えたそれを運ぶ、台車のキリキリという軋みがその王者ぶりをうかがわせる。この日の水揚げ、メバチ84本、カジキ12本、ビンチョウ20本と教えられた。
 「銚子でマグロとは初耳でした。勉強不足だったでしょうか?」
 関係者に尋ねると「ここは生マグロの水揚げなら日本でトップクラス。ただ、入札が終わればそのまま築地に行ってしまうので(マグロの)イメージがないのでしょうな」と笑った。
JR総武本線銚子駅から5分ほど、浄国寺という古刹(こさつ)が見える。その境内に句碑が建っている。
「枯枝に からすのとまりけり 秋の暮」
松尾芭蕉が、晩秋を詠んだ。実際にこの地を訪れた形跡はなく、この句碑は地元の豪商大里庄次郎と野崎小平次が、俳聖を追慕して弘化2年に建てた、という。
寂寥たる季節の終わり。そう言えばマグロ(鮪)も晩秋を経て、冬の季語である。
「そうですね。銚子の、マグロのピークは11月から1月でしょうか」と関係者の声が耳に残る。
マグロは正月の、至福であろう。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。