カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

ふたつの「産声」
             
 JR九州が発行する「旅のライブ情報誌 プリーズ」8月号を送っていただいた。JR九州の新幹線・特急列車車内や各駅で配布されている一冊。この地を旅行された方は、手に取った記憶があるかもしれない。
 メイン記事は「よかとこ くまもと」である。熊本地震から4カ月余り、被災地は復興へ向け、尽力されていることであろう。熊本城を含め、多くの文化財が被害を受けた。
「夏目漱石内坪井旧居跡」も熊本市内にある。市指定史跡で、調べてみると「外壁一部破損、内壁のひび」という状態であった。熊本城の須戸口門から2キロほどの距離にあり、明治29年、第五高等学校の英語教師として赴任した漱石は、4年3ヶ月の在任中6度転居し、この内坪井の旧居は5番目に移り住んだ場所である。
ここで明治32年5月31日、漱石と妻・鏡子との間に待望の第一子が誕生している。女の子であった。名前は筆子。初めて父親となった気分を、こう句に託している。

安々と海鼠(なまこ)の如き子を生めり
 
 海鼠の如き…安産であったのであろう。安堵した心持ちが伝わってくる。妻はこれ以前、流産を経験。情緒不安定な時期もあり、それだけに「産声」を聞いた漱石の思いは格別であったろう。筆子、という名は奇妙? だが、それも理由があった。妻の悪筆から、将来を案じ「字がうまくなるよう」と夫婦で話し合っての命名であった(もっとも、筆子もまた悪筆であったようだが)。
                 ◆
 一方、熊本といえば、日本で初めての近代戦「西南戦争」を思い出す。
激戦地・田原坂(熊本県植木町)はあまりに有名だが、その折、多数の負傷者を救うための「博愛社」が設立されている。「敵味方の区別なく救護する」、その思想は曲折を経て認められ、後の「日本赤十字社」となり発展してゆく。
つまりその長い歴史は、ここ熊本で「産声」をあげたことになる。
                ◆
熊本地震で被災した南阿蘇鉄道が7月31日、3カ月半ぶりに高森駅(熊本県高森町)と中松駅(同県南阿蘇村)を結ぶ約7キロの区間で運転を再開した。トロッコ列車に乗った観光客の姿がニュースで伝えられる。全線復旧にはまだ時間はかかりそうだが、遅々たるとはいえ、確実に熊本は再生する、その日を待ち続けたい。 

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。