カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

美しく負ける
               
 死球を受ければ誰だって怒る。ただし、当てられた選手が「当たっていない」と怒ったとしたら珍しい。
 事は1975年10月20日、阪神対中日戦で起きた。首位打者に9毛差、タイトルを狙う中日・井上弘昭はシーズン最終戦、最終打席できわどい内角球にのけぞった。主審の判定は死球。冗談ではない。この打席でもし、ヒットを打てば首位打者だ。たとえそのボールがユニホームの一部をかすったとしても一縷の望み、最後の一振りにかける執念はこれを認めない。「当たっていない」と抗議したが認められず、打率3割1分8厘で井上のシーズンは終わった。この時1厘差で首位打者になったのが、広島の4番打者・山本浩二である。広島の創設26年目、初優勝を飾った年だった。
当時、私はまだ大学2年生。こんないきさつがあったことは、この商売を始めてから小社の資料室で知った。
 「勝負に負けた気持ちは辛いだろう」。
 そういったのは敗者の井上ではなく、勝者の山本だった。そして、広島弁でこうも言った。
「心が痛むのう」。
勝手な感慨だが、少々、やさし過ぎないか。敗者を思いやるのは。
その広島・山本監督がチーム不振の責任を取って辞任した。なにしろ8年連続のBクラス、広島は昔の「広島」に戻ってしまった感がある。もちろん、采配に問題があったのかもしれないが、それにしても球団フロント陣の現場に対する非協力ぶり(ではないだろうが、傍目にはそう映る)は目に余った。主力選手をFAで次々と外へ出す。阪神の金本がいい例だ。補強は外国人選手ばかり。それでも巨人ほどの節穴ではなく、阪神に移ったシーツに見られるように、安くて優秀な選手を獲得するのは広島の伝統でもある。だが勝てなければ客も球場には来ない。だから儲からない。だから選手年俸が下がる。そして選手が流出する。だから勝てない。この負のサイクルが今の広島である。
「ずっとしんどかった」は山本監督の辞任表明時の言葉である。「悔しいが言い訳の出来ない成績で、ファンの思いもわかっている。監督が代わればチームの雰囲気も変わる」。生え抜きで、球団経営の内情も知っているのだろう。だから多くを語ろうとはしなかった。首位打者の一件といい、辞任の言葉といい、山本浩二には何か「敗れることへの思い」が漂う。
話題を変える。俳優の児玉清が雑誌「銀座百点」10月号(銀座百点会発行)の座談会でこんな事を話している。大部屋からのたたき上げで、最近は「大豆ノススメ」のCMで存在感を示している。
「考えてみると、ぼく、もう全部負けるために生きてきたようなものでね、称賛されても納得できないし、絶えずウジウジしたものしか心に残らない。せめて美しく負けていれば、どこかで一度くらいは、美しく勝てるときがくるんじゃないかと」。
座談会のタイトルは「“美しく負ける”人生」とある。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は当ASAもしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356



スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。