カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

師走の、同じ空の下
               
12月。正月の準備が始まる。
 東京は世田谷の「ボロ市」が風物詩になってる。
天正6年(1578年)に小田原城主北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まりだそうで、400年超の伝統行事となっている。
もとは古着や古道具など農機具、農産物などを持ち寄ったことから「ボロ市」と名付けられたそうだが、今では骨董(こっとう)、日用雑貨、衣服など青空マーケット然として多くの客をひきつけている。毎年1月15・16日、12月15・16日の4日間に開催され、屋台も軒を連ね、年末年始の一日を彩る。
 もうひとつ―。
「ガサ市」がある。ご存じないかも知れぬ。
 12月中旬、浅草は浅草寺本堂の裏手、観音裏に市が立つ。「ガサ市」の、一般に馴染みの無いのは当然で、正月用品を卸業者に卸売りする、いわば玄人向けのそれだからだ。もちろん小売りはしないから、関係者以外はただ眺めるだけである。
 もっとも大テントが居並び、ズラリと暖簾(のれん)を掲げる姿は、それはそれで壮観ではある。売っているものは注連縄(しめなわ)、輪飾り、門松用の松、うらじろ(葉の裏側が白い、シダ類)、エビ(もちろんお飾り)、鶴、わかめなど。
つまり正月飾りのパーツ(部品)で、これらを仕入れた業者が組み立て、市場へ正月飾りとして売り出す。
 扱う品物にワラ類が多く、箱からの出し入れのたびに「ガサガサ」と音を立てるところから「ガサ市」。そう呼ばれる。
 もちろん、当方も買い出しに行くのではなく、年末の雰囲気を味わうために足を運ぶ。業者が車を横付けし、買い付け、持ち出してゆくだけの風景である。
 その昔、町には町抱えの鳶(とび)がいて、町内の雑用を一手に引き受けた。正月飾りは、地元の鳶ら職人が作って「ガサ小屋」で売った。今でも時折、年末の街角に立つ、にわか作りのそこで印半纏が威勢良く、買い手を探している。
 私も知り合いがおり、正月飾りは深川もしくは京橋の鳶から購入する。少々値が張るが、縁起物には口を挟まないのが流儀であろう。
 そういえば「ガサ市」と同じ時分に、浅草寺境内では「羽子板市」が催される。その華やかさ、賑わいとはあまりに対照的だが、しかし「来年こそ良い年でありますよう」という庶民の思いは、師走の、同じ空の下にある。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ


スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。