カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞にならない内緒話

よみがえる法廷
              
 一時、裁判所通いが日課であった。
閑職で、時間が自由になった。裁判所のロビーで「開廷表」をめくり、裁判開始時間・事件番号・事件名・法廷番号を確認すると、フラリ法廷に向かう。
多ければ1日に2、3の事件を巡って、持て余す時間を消化した。
 その日最初の、傍聴に選択したのは「大麻取締法違反」だった。
44歳の男は自宅で大麻所持及び大麻6本を栽培、逮捕された。30歳頃から大麻使用に手を染め、渋谷のセンター街で中近東風外国人から大麻を購入、所持するとともに育成を始める。
製造業の工場で働いており、肩書は部長。社員、パート、アルバイトを指示する立場でもあった。
大麻を吸引すると、「例えば映画などを見ていると臨場感が出る、日常がひどく楽しくなる」という。
 妻とはすでに離婚。17歳の長女、14歳の長男があり、定期的に会っている。
 お定まりの1人暮らし。なぜ大麻に手を出したのか、その理由を裁判官は何度も尋ねるが「寂しくて」「意志が弱く」ばかりで、それでは再犯の可能性が高いと裁判官は指摘した。
 検察の求刑は懲役1年6ヶ月であった。裁判長はそれでも本人の反省もあり、更正へのきっかけになればと執行猶予3年を付けて結審した。
今後は「温泉好きな母親と月に1度くらい、旅行へ行きたい。趣味を持ちたい。以前、少年野球のコーチをしていたことがあり、長男も少年野球でプレーをしている。もう一度コーチなどをやりたい」―
そう、痩せぎすの男は口にした。
職場は今回の事件にもかかわらず、ペナルティは課すものの解雇せず、雇用を継続すると本人に伝えた。上司の工場長(取締役)が判断した、と情状証人は付け加えた。
ただし、「この次、罪を犯したら、確実に刑務所行きなのだよ。分かったね」と裁判官は説諭、念を押した。
                 ◆
 覚醒剤を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は2月2日、西武や巨人で活躍した元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。これが第一報、である。
                   ◆
昔、傍聴した裁判の記憶がよみがえった。格段、珍しい風景ではない。前述した、被告人のその後は、もちろん知らない。 

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局 0120(81)4356へ

      
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。