カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

高校野球が終わった。例年になく盛り上がった大会だった。

  敗者は「甲子園の土」を持ち帰る。試合後恒例のシーンだが、さてこの行為は一体、誰が始めたものなのだろう。いくつか資料に当たってみると概ね2つの説に収斂(しゅうれん)されるようである。

  ひとつは1937年(昭12)、第23回大会。中京商に敗れた熊本工・川上哲治投手(ご存じ巨人のV9監督)とある。例えば95年8月16日付の朝日新聞にその記述があり、「(土を)小さな袋に入れ、ズボンのポケットにそっと入れた」とある。

  もうひとつは戦後の話になる。いくつかの新聞に同様の記事がみとめられ、産経新聞(94年8月13日付)は「昭和22年の29回大会で優勝した小倉中学のエース、福島一雄投手とされている。小倉は決勝戦で岐阜商に6-3で勝ち、5試合をひとりで投げ抜いた福島は『記念に…』と土をユニホームの後ろポケットに入れ、持ち帰った」と記述した。

  実は同じ福島投手ではあるが朝日新聞98年8月4日付によると、土を持ち帰ったのは「1949年(昭24、第31回大会)、3連覇を目指す小倉北の福島一雄投手が準々決勝で敗れ」た時、とある。おやおや、である。ただし年度の違いは、何しろ古い話だけに、例えば取材を受けた側の記憶違いなどが考えられる。いずれにしても、伝説? の「甲子園の土」は川上氏か福島氏によって持ち帰られたようである。

  さて、その川上氏はこの夏、別荘で静養中だった。直接お会いして事実確認をしようと思ったが、せっかくの休暇中だし、私の単なる思いつきで手を煩わすのも失礼かと、川上氏のご長男、貴光さんに問い合わせることにした。貴光さんは「私の知るかぎり、土を持ち帰ったのは父が最初ではないようです。何度か同じ質問を受け、父がそうこたえているのをきいたことがあります。そういう習慣に従っただけ、のようです。いつしか、父が最初、ということになってしまったらしいのです」。つまり、「甲子園の土」は川上氏が高校球児だった37年より以前から行われていたようで、最初に持ち帰った選手も、どうやら前述のご両人ではなさそうなのである。

  では一体だれが? 詮索はもうやめよう。実はこんな原稿を読んだからだ。だれが先駆者であったかなど、どうでも良くなった。03年6月21日付、朝日新聞地方版に掲載された記事を抜粋する。福島氏についての後日談である。

  「連覇した翌1949年夏、小倉は準々決勝で敗退。帰郷した福島さんの元に一通の手紙が届く。<学校で教わらないことを君は学んだ。しりのポケットにある記念の品、後生大事にしたまえ> 差出人は甲子園の審判員。ポケットをまさぐると、ひと握りの砂が出てきた。あるいは無意識のうちに…。見逃さなかった審判員は、そこに一遍の詩をみたのであろう」

  延長再試合の末に行われた駒大苫小牧-早稲田実決勝戦。勝者も敗者も「甲子園の土」を持ち帰ったことだろう。学校では教わらない「何か」を掴んで。
それはこの大会に臨んだ、無心に白球を追いかけたすべての球児にも与えられるべき「土」であるかも知れない。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は当ASAもしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。