カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

現役時代を思わせる打球

思わず見とれてしまった。福岡ヤフードームでピックアップ練習が行われた8月下旬。練習が終了すると、秋山総合コーチはおもむろにバットを手にし、打撃ケージに入った。
 02年に引退し、もう5年が経過した。だが、打席からは現役時代を彷彿(ほうふつ)とさせる力強い打球を連発。もちろん、スタンドインも〝披露〟してくれた。それもギリギリに飛び込む左翼席への本塁打ではなく、左中間席へと運ぶ完ぺきな1発だ。幼少時、好きなプロ野球選手の1人で、テレビ画面でしか見たことのなかった「アーチスト秋山」の打撃を、しっかりとこの目に焼き付けた。と同時に「やっぱりまだ現役でやれるでしょ」とつぶやいてしまうほど、心底魅了された。
 私だけではない。打撃ケージの後ろから見ていた森脇、杉本、高山コーチら首脳陣も、秋山コーチの現役復帰を〝熱望〟した。特に80年代、ともに西武の黄金時代を支え、秋山コーチの全盛期を知る杉本、高山両コーチは「全試合出るのは難しいけど、代打専門なら絶対にやれるよ。現役選手と遜色(そんしょく)ないもん」と口をそろえた。社交辞令などではない。それほどインパクトのある打球を、次々と放っていた。
 当の秋山コーチは「現役? 無理。現役の投手が本気で投げた球に、バットが当たるわけねえじゃん」と即答。続けて「それよりも、今はそう言われる打球を飛ばす選手を、1人でも多く育てることがオレの仕事。松田とかね。アイツはいいもの持っているし、楽しみだよ」と返された。
 チームは9月10日現在、首位日本ハムに2ゲーム差の2位につける。残りは21試合。負傷離脱の小久保も指名打者ながら復帰し、日本ハムとの直接対決を5試合残していることを考えれば、十分逆転可能な数字だ。王監督の掲げる「9月攻勢」には、どうしても「ニューヒーロー」の存在が必要不可欠。その役目を松田に担ってほしい。秋山コーチの言葉には、2年目スラッガーに寄せる期待を感じずにはいられなかった。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。