カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

人は見かけに。

ずいぶん前の話である。
まだ野球記者をやっているとき、星野仙一、山本浩二、田淵幸一の3人と一杯やった。広島のクラブだったが、さて、酒の注文の段になったら、星野仙一は「オレ、ウーロン茶」と言う。
 「あれ、車で来たんだっけ?」
と、聞き返したら、傍らの山本浩二が「知らないの? セン(星野)は飲めないんだよ。下戸、下戸」。
 こちらも駆け出しで勉強不足だったが、星野仙一の荒っぽい性格、風ぼうからてっきり大酒のみだと思いこんでいた。
 こんな話を始めたのは、9月12日、安倍首相が突然、辞任したからである。
 これも昨年春であったか。日本橋の一流デパートでワイシャツをあつらえていたら(と、書くといかにもリッチに思われるが、実は新聞の企画記事で取材も兼ねていた。ワイシャツなぞ、普段は量販店の1枚1500円で十分)、背後から「どうも。柄はこれに決めたから、あとは頼むよ」と明るい声が聞こえてきた。振り向くと、その頃、官房長官だった安倍さんだった。「へぇー、こんなところでワイシャツ、作るんだ」と目を丸くした。何しろ日本橋の一流店だから安くはない。日頃からあつらえているのだろう。本人の型が保存されているから、生地さえ選べば、ワイシャツが自動的に仕上がる仕組みになっている。
 担当の店員がいるらしく、「安倍さん、少々首周りが太くなってきていますよ。計り直さないとぴったりきませんよ」と声を掛けていた。ちょうど、北朝鮮の拉致問題が混迷を極めている時期で、本人もかなりのプレッシャーを感じていたはずだが、それでもやせるどころか、「太った」という店員の呼びかけを聞いて、「そりゃ、官房長官など、そのくらい剛の者でなければ務まらんわなぁ」と妙に感心した記憶がある。
当時の辣腕ぶりと、今回の辞任。
人は見かけによらない、とは言うが、辞任会見をテレビで見ながら「こんなモンかい」というのが実感。最近はクールビズとやらで、ずいぶんカラフルなワイシャツを着ていたが、辞任会見は、白だった。
ワイシャツはよかったが、肝心の中味がついてこられなかった、ということか。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。