カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

けっこうおちゃめな比嘉監督

 沖縄尚学の9年ぶりの優勝で幕を閉じた今年のセンバツ。決勝で完封した東浜巨投手もすごかったが、なんといっても「選手でV、監督でもV」という偉業を成し遂げた比嘉公也監督が話題になった。キリリとしたまゆに、鋭い目つき。ベンチでの落ち着きぶりに、思い切ったさい配。甲子園での26歳の青年監督の株は上がりっぱなしだった。
 比嘉監督は実際に取材してみると、ベンチでのコワイ顔はどこへやら。親しみやすい26歳の青年だった。
 ある試合の前日、取材を受けた比嘉監督は「投手も疲れているし、次は打撃で『5点取れ』と言っているんです。勝ためには5点取らなきゃダメだぞと言いました」と話していた。そこで記者の質問を受けた。「監督、なぜ5点なんですか」。そう聞かれた比嘉監督は少し困った顔をして言葉に詰まった。
 「イヤ、別に理由はないです。なんとなく」。
 百戦錬磨の監督ならば、あれこれともっともらしく理由を言うところだが、カッコつけることもなく相手の質問に誠実に答えようとする姿勢が好感を集めた。
 優勝の翌日は沖縄への凱旋(がいせん)までお供した。学校での優勝報告会の後の取材時間も終了し、15日間にわたるおつきあいもこれで終了。「お世話になりました。また夏の大会前に取材にうかがいます」と最後に比嘉監督にあいさつした。「ぜひ、またグラウンドに来て下さい。あのときはすみませんでした」と比嘉監督。
 「あのとき」とは今年1月、センバツ出場校発表の翌日、学校のグラウンドに取材にうかがったときのことだ。そのとき、ノック中に野手の送球がそれて、ボールが私の左足に直撃。投げた選手ととり損ねた選手がドドドーっと駆け寄ってきて「すみません、すみません」と必死で頭を下げてくれた。本当は涙が出そうに痛かったのだが、心配そうに頭を下げる選手の手前、痛そうなそぶりもできない。「痛くないから、大丈夫、大丈夫。じゃまになってごめんね」と笑って言った。
 比嘉監督はそのことを覚えていてくれたらしい。「ぜひ、また練習を見に来てください。前田さんにボールが当たったら、またツキが来ると思うんですよ」。
 オイオイオイ!
 けっこうおちゃめな面もある比嘉監督。ボールに当たるのはもう遠慮したいが、夏もまた甲子園で取材できたらいいと思う。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ

スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。