カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

王登美さん死去
              
 ずいぶん昔の話だが、「王家の人々」というルポを書いた。確か、王さんの巨人監督時代、初優勝の時だから昭和62年ということになる。家族、とりわけ兄弟の証言が欲しくて兄・鉄城さん(故人)にアプローチをかけたが、返事はいつも「ノー」だった。ただし無碍(むげ)ではなかった。「プライベートなことなので誠に申し訳ありませんが、遠慮させてください」と丁寧な言葉が添えられた。
 王さんの姉・大田原順子さんはたった1度の電話取材を快く引き受けてくれた上、その年から毎年、心のこもった年賀状を届けてくれる。「どうか弟をよろしく」―こう結ばれた新年のあいさつは今年で22回を数えた。
 もし、王家に家風というものがあるとしたら、これであろうし、それをはぐくんできたのは父、故・仕福さんであり、登美さんだろう。「周りの人を大事に、決して人に迷惑をかけるな。ここは人様の国(他国)だから」という仕福さんの口癖は異国で生き抜かねばならない人間の、のっぴきならぬ処世訓であったろうが、その言葉をぬくもりのある、人生訓に変えたのは登美さんではなかったか。
 東京は新宿御苑近くの古びたビルが王家の「実家」だった。実用一点張りといった、鉄の扉を開くと仕福さんを祭った、ひと抱えもある仏壇が鎮座している。登美さんは日に一度はこの前へ座り、静かに深く頭(こうべ)を垂れた。小さな、細い肩の持ち主は、立ち上がった拍子に、ひょいと仏壇の中へ吸い込まれてしまいそうだった。
 「お役にたちましたでしょうか」。
 取材が終わると、登美さんは必ずこう問いかけてくれた。
 明治34年、富山県富山市に生まれ、国籍を中国に変えないことを条件に(当時の話だが)、昭和3年、結婚。戦中を耐え、戦後の混乱を生き抜いた。どんな時代であったか、生前にもっと聞いておくべきだった。
 平成22年、盛夏に死去。享年108―。
 静謐(せいひつ)だが、しかし強靱(きょうじん)たる「王貞治」の母であった。 

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ


スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。