カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Facebook
最新の記事
プロフィール

加藤 利教

Author:加藤 利教
Katoh's Roomへようこそ!

カウンタ
カウンタ2
現在の閲覧者数:
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞に載らない内緒話

年の暮れに越中富山
              
  年末、気ぜわしい季節がやってきた。早々と来年の暦をめくっていたら、どうも芳しくない。今年の運気が良かっただけに気になる年回りである。まぁ、定年間近で、気を引き締めよということだろう。
 東京は12月5日が「納めの水天宮」、21日が「納めの大師」、28日は「納めの不動」と続く。にわか信心で、あちこちを駆け回ることになりそうだ。江戸時代は13日がすす払いだった。江戸城の行事に倣ったわけである。
 さて、わが家には年の瀬にいまだ「越中富山の薬売り」が来る。さすがに唐草模様の大風呂敷を背負い、ハンチングをかぶったそれではないが、スーツ姿で、大きな黒の、バッグを車に乗せ現れる。玄関先で使用したクスリを点検、電卓で代金を計算すると集金し帰ってゆく。
 薬箱の、どのクスリもテレビCMではさっぱりお目にかかることのない、聞いたこともない代物ばかりだが、効能は申し分ない。
 昔はおまけと称して、紙風船をくれた。子供にとって唯一の楽しみで、行商人に応対する母親の背中にひそんで、「風船、もらってよ」と小さくつぶやいてみた。
 それとは別に「火の用心」と印刷された刷り物を置いていった。それは実際手に取ったものであったか、あるいは母親から聞かされた記憶であったか、今は判然としないが、冬のカチカチという拍子木の音とともに、「火の用心」がよみがえってくる。
 それと一対になっていたのが「食べ物食べ合わせ注意」という刷り物だった。
 「梅とウナギは命にかかわる」。
 「豚とタニシはまゆ毛抜ける」。
 「キノコにホウレンソウ命にかかわる」。
 「ハマグリとミカンは胃を害す」。
 「熊の胆(くまのい)とスイカは吐血する」。
 「牛肉にホウレンソウさなだ虫わく」。
 「小豆飯とフグは命にかかわる」といったたぐいで、その因果関係はともかく、なぜ「火の用心」と表裏であったのであろうか。食べ合わせが悪く、病気にでもなればこの薬を飲みなさいといった暗示であったか。
 1度、訪ねてきたセールスマンに尋ねてみた。今はそのような印刷物は作っていないという返事であった。そんな話も聞いたことがない、と首をひねった。
 「火の用心」とかけて「食べ合わせ」と解く。そのこころは「消化(火)」が気になります―。
 お粗末様で。良いお年を。

スポーツ、芸能情報は日刊スポーツへ。
ご購読申込は朝日新聞飯塚西部販売店もしくは日刊スポーツ販売局0120(81)4356へ
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。